ビズスト|BIZ STORY

 

学生起業を経験したからこそ気づく「ビジネス」を経験する大切さ

株式会社ThinkPunks 朝比奈 遙人

ビズストーリー編集長の大田原です。
「社長」による「社長」のための「社長」ストーリーをお届けするのがビズストーリーです。たくさんの社長の方から、様々な視点での学びを得て自分だけのビズストーリーを刻んでいきましょう。

今回は、人材領域の事業で活躍をされている朝比奈様です。

こんな方におすすめ
・漠然と就活や学生起業/独立などを考えている学生さん
・スタートアップで従業員を雇い始めた方
こんなことが学べる
・学生起業やインターンの選び方
・社長としての在り方

企業のマーケター人材不足をマーケターマッチングで解決する

事業内容について教えてください。

-改めて貴社の事業内容をお伺いできますか?
ThinkPunksでは「Marketing Piece」というサービスを提供しています。 マーケティング力の向上に困ってる企業さんやインターネット広告代理店さんなどで、マーケター人材に困っていらっしゃるんです。課題が色々ある一方で、マーケターさんは「独立してみたい」「新しい挑戦して、副業でスキルアップをしたい」という方々がいます。

企業とマーケターのマッチングというのは情報が足りなかったりする中で、ここのマッチングをしていくことに、改善価値があるという形でサービスを提供させていただいています。

-ありがとうございます!確かに、私のイメージでは事業会社さんの中でマーケティング担当の人がいませんみたいなところだけがターゲットかなって結構ずっと思ってたんですけど、そういうわけじゃないってことですよね。

そういうわけではないですね。ずっと僕もマーケティング職でお仕事させてもらってますけど、マーケティング組織とはどうあるべきかとか、マーケティング戦略とはどうあるべきかみたいなところを、僕らがヒアリングさせてもらったりしながら「このパターンだったらこういうマーケターさん入れた方がいいですね」みたいな形で、ほぼ組織コンサルみたいな形に入ることが多いですね。

-なるほど。今ってマーケティングの知識がないと、ぶっちゃけ事業を伸ばしていくのって難しいじゃないですか。

はい、おっしゃる通りです。

-それこそ私も1人社長で始めたものの、自分のそのマーケティング的なスキルというかノウハウってすっごい少なくて「これ誰かに聞かなきゃわからないわ」みたいなのって、多分私だけじゃないと思うんですよ。これから起業される皆さんも、勉強したり実務でやったことがあるなら自分でなんとかできると思うんですけど、そうじゃない人って0からじゃないですか。

そうですね。

-私自身ずっと営業だったので営業はできて「市場どうしたらいい?」「認知どうやって拡大するの?」って、知識がない時点でできないんですよね。そういう方からすれば、自社にピッタリなマーケターさんと繋いでくださるっていうのはすごいありがたいですよね。

そうですね。やっぱり僕らが着目してるその社会的な意義みたいなところも結構そこにあると思っていて、 やっぱりこのマーケティングのノウハウだったりとかって本当に知ってるか知らないかってわからないじゃないですか。

やっぱりそこの情報格差というか、企業間のデジタルデバイドみたいなのがかなり広がってるなっていう印象は、僕がフリーランスの時からかなり印象としてあったので、社会的な意義として感じてるところではあります。

-そうなんですよね。自分が実感しているといるのですが、地元が北海道旭川市なんですけど、地方に行けば行くほど知らない企業さんが多いなと感じています。地元の中にも優秀な人はいても企業とマーケターさんが繋がってこないんですよね…

そうですね。まさに地方創生とかDXなどのテーマに取り組めればいいかなとは思いますね。

「業務提携」を駆使する

競争優位性について教えてください。

-ここまで事業を伸ばしてこられた要因は何になりますか?

主に2つあります。1つ目は前職を含めていろんな人材系サービスのコンサルティングやマーケティングなどに関わってきました。 そこで気づいてたのが結局人材サービスは、優秀な人材がいるかいないかなので、人材データベースとしての質と量が事業成功への1歩になってくるなと思いました。

なので弊社はまず事業の開始当初からできる限り膨大でかつ優れたマーケターさんに集まっていただきたいと思ってました。広告集客をする企業さんがすごい多いかなと思うんですけど、弊社は基本的に業務提携でいろんな企業さんとデータベースを共通化させてくださいって、お話をさせてもらっています。

-他の企業さんは自社のデータベースでやっているところを貴社は色々なところから集まっている分提案の幅が広いということですね。

はい。そうすることで企業からすると「こんなに優秀なマーケターさんがここに集まってるんだ」みたいな形で、僕らに依頼がかなり来るようになりました。人材ビジネスというネットワーク効果で事業をグロースしていくにあたってハックするための方法として業務提携というのを、戦略のキーに取り組んでたっていうのが1つですかね。

-データベースを0から集めるのも大変ですし業務提携でやっていくのはありですよね。

はい。2つ目はシンプルな理由で、僕も以前マーケティング関連のコンサルタントや責任者をいろんな会社さんでやらせてもらっていました。他のメンバーも実は本当にCFOクラスのメンバーが揃ってるような形になってます。なので「マーケティング組織はどうあるべきなんだっけ?」「マーケティング戦略の壁打ち」みたいなところから企業さんと伴奏させてもらうことができるのがポイントだと思います。結局アドバイザーのマーケティングスキルが高くないと、 マーケティングのことはあまりわかってない企業さんがマーケター採用するのが大変なんですよね。

学生起業を経験したからこそ分かること

学生起業時代にはできなかったことでできるようになったことってありますか?

それはもういっぱいありますよ(笑)やっぱり学生起業って結構難しいんですよ。何も知らないので。学生時代は「学生起業している」ことに対しての誇りだったりとかインターンとかも経験したので「ビジネス知ってるぜ」っていう誇りもあったりとかしたんですけども、そんなものは何の役にもたたなかったんです。

本当に0の状態だったんですよ。なので学生起業で成功してる方とかはすごいなと思うんですけど、1回就活して良かったなと思うのは「事業の作り方」や知ってるか知らないかの世界である「マーケティング」も勉強することができたりしましたし、組織のマネジメントや採用なども含め、ビジネスの段階で全体的に3段階ぐらい上がるような経験をさせてもらえたのが本当に良かったと思っています。

-そうなんですね!もし朝比奈さんが学生時代に戻れるとしたら学生起業しますか?それとも就職してから起業されますか?

難しいですね。正直学生起業はした方が良いと思っています。学生起業じゃなくてもいいんですけど、ぶっちゃけ学生の間に自分が与えられたタスクだけじゃなくて、自分がこういうビジネスをやりたいとか、自分がこういう世界を成し遂げたくてこういうビジネスをしたいとかっていうのを考える時間は、学生の間で持っておいた方がいいなと思ってます。

一方で、どこかのタイミングでビジネスをちゃんとブラッシュアップする期間を設けるっていうのも大切ですね。それはあくまでそういう目的を達成できるんだったら、別に学生起業でそのまま働くでもいいと思いますが、就職してビジネスを学んでから起業するでも良いと思います。結局は自分がやりたいことをそのままビジネスでやってみるのが学生にとってすごく良い時間の使い方かなと思います。

-ありがとうございます!まずはやってみたら良いんじゃない?って感じですね(笑)ちなみに朝比奈さんが学生の時起業した時って大々的に何か「投資」はした上で起業したのか、0円でできる事業からスタートしたのかだといかがでしょうか?

おっしゃる通り0円でできる事業から始めました。学生の時は色々な会社で営業を経験させてもらっていたので、営業代行から始めたりとか、当時SFA・CRMの流行りがあったので触れた経験もあったので付加価値をつけてBPO事業をやらせてもらってましたね。

-では今のお仕事とはちょっと違いますよね?

学生時代丸4年間ぐらいずっと営業やってたんですけど、 そこからマーケティングに一気にジョブチェンジみたいな感じですね(笑)

-4年間やってたってことは、そもそも何か興味があって営業やろうかなだったのか、元々起業しようと思ってたからやった方がいいなみたいな感じになったのかどういう経緯でインターン始めたんですか?

そんな深く考えてなかったです。もしかしたら大田原さんも一緒かもしれないですけど「何者かになりたいな」と思ってたんです。

-私もなんか起業した経緯としては、 地元の北海道旭川市を盛り上げたいっていうのと、女性の社会復帰の支援をしたいってところなので、私も何者かになりたいからやっているのかもしれないです(笑)

ですよね。なのでインターンをすることに意義があるなっていうのが1番最初の最初でした。どの職種をやるかよりかは、ここでしかできない経験とか今しかできない経験をしたいなかったので「そういう経験をさせてください!」っていろんな社会人の方にもお話しさせてもらいました。

-えー、すごい!行動力がすごいです。

そうですね。そしたらそのタイミングでアーリーフェーズぐらいのスタートアップのご紹介されたんですけど、セールスは先月1人入ってきたみたいな環境で、今から営業組織立ち上げるのを一緒にやってくれる人探してて、みたいなタイミングで入らせてもらいました。

-これから25卒の子たちの就活が始まると思うんですけど、今2年生や1年生とかの子たちがみているなら営業のインターンをやってみるのがおすすめだよ!って営業出身だからこそより思いますね。

-確かにそうですね。営業職でなくてもいいと思うんですけど「人と喋る」経験をした方がいいですね、学生時代のコミュニケーションとは違うので。あとは職種に関係なく折れずにやり切ることが大事ですね。

トップが潰れることで組織が潰れる

自身の経験から他の社長に「これは落とし穴になるぞ。注意しろよ。」というアドバイスをください

何かしらのトップをやる上ですごく大事だなと思ってるのは「その組織に所属する誰よりもこだわり抜く」ことだと思います。落とし穴的な表現をするのであれば、 トップが慣れると組織全体がこだわり抜かない組織になっちゃうことなんて全然あるので、自分が誰よりもその 責任を負ってる立場として、こだわり抜かなきゃいけないシーンがありますね。そこは意識して僕自身がやってるところではあります。

-諦めたくなる瞬間って多少なりとも出てくる時ってあるじゃないですか。自分で言い出して会社をやっていると思うんですけど、それに向かってやっていく中でちょっと休憩したいなって瞬間ってどうやってモチベーションというか、自分も頑張るぞっていう意欲を保たれてきてるのか何かありますか?

うーん、メリハリじゃないですか。メリハリも大事だし、自分が折れそうだなって思った時に、仲間はめちゃめちゃ大事ですね。当たり前の話なんですけど、折れそうな時に折れない

ように支えてくれる人を探した方がいいですね。これから起業する人は早めに!そこは間違いないと思います。

朝比奈さんが社長になる前に戻れるとしたらやりたいことややっておきたいことはありますか

そうですね。社長や企業もいろんなタイプがあるので、一概には言えないと思いますが僕は事業を大きくしたい人なので、 日本国内の市場だけに目を向けたくないなっていうのを、最近めちゃめちゃ思うようになってたんですよね。

なので社長になる前に戻れるとしたら世界を見て、市場を見てっていうことをやりたいなとは思いますね。 
そこに関しては、前職の社長にも散々言われてたんですけど「新規事業立てる時は市場の成長性と市場規模はもちろんなんだけど、ここに勝てるかどうかを見ろ」かどうか、みたいなのを見ろっていうのを、入社の時からずっと言われて続けてたんですけど、どうしても日本だけに止まっているのはもったいないなっていうのはすごい思うようになりましたね。なので世界に行きたいですね。

-先日取材した企業さんで日本ならではのモノを製造されている会社さんが「世界を目指す」と社内で宣伝してから本当にアメリカに出されたお話しも聞きましたし、海外目指して頑張りたいですって言ってる方々って多分いっぱいいらっしゃると思いますね。

そうですね、海外に本拠地を置きたいです。

メンバーに「本当は伝えたいけど、伝えられていないこと」

今まで経験したことないジョブサイズを最初からお願いしています。成長していって一緒にやりたいです!といってくれる人たちがうちの会社には多いので、成長度合いが目に見えて分かりますしそれはとても嬉しいし、頑張ってるなというのはすごい伝わってきます。

ただ、地方創生やDXみたいな話って、 言葉としてずっと昔からあるじゃないですか。 それが今でもずっと言われてるってことは、課題として解消されてないっていうことに他ならないと思うので、それだけ難しい課題を解決するためには、僕含めてあと3段階、 30段階ぐらいは多分成長しなきゃいけないんだろうなと思っているので、一緒に頑張りましょう!

これからの夢や目標を教えてください

このサービスを通していろんな地方企業さんの価値あるサービスをより届けたたり、より挑戦したいマーケターさんの支援をさせてもらってるんですけど、本質的に何かしらの大義であったり、自己実現的な世界観に対して挑戦している人たちを永遠に支援し続けたいです。

まとめ

朝比奈さん、ありがとうございました!YouTubeにもご出演いただきまして、私の経験したことがない「学生起業」についてもたくさんお話を伺わせていただきました。過去に自分で事業にチャレンジしてうまくいかなかった経験からくる経営や、今のメンバーのみなさんとの関わり方など学びになる部分が多かったです。「何者かになりたい」と言うのは経営者だけでなく誰もが思っていることなのではないでしょうか。誰でも目の前にある壁を乗り越えれば何かしらで何者かになれると思います。チャレンジしていきたい!と言う人はぜひ朝比奈さんのお話しも聞いてみてくださいね!

株式会社ThinkPunksからお知らせ!

▼プロマーケターシェアリング事業「マーケティングピース」。 貴社のマーケティング課題を解決するプロのマーケターがフリーランス/複業で参画し、売上を改善します。

広告運用/SEO/CRM/データ戦略/SNS運用/広報など幅広い職域に対応したプロマーケターが在籍。事業の戦略や予算、組織体制に合わせて貴社に必要なマーケターの採用要件をピタッと定義します。採用が困難と言われているマーケター人材を、ピンポイントで正確に確保できることを強みとしております。

公式サイトはこちら!

 

 

株式会社ThinkPunks

代表取締役 朝比奈 遙人

早稲田大学卒業。 在学中にスタートアップ複数社にて営業/マーケティング組織の立ち上げに携わる。 その後、学生起業し、分業型営業組織構築支援事業/マーケティング支援事業を行う。 レバレジーズ株式会社に参画し、マーケティングや事業開発に従事。 レバテックCR領域にてマーケティング責任者として年間マーケティング予算10億円ほどのプロジェクトを統括。その後、予算額200億円規模のSaaS新規事業にて事業統括として、50名ほどの組織でマルチプロダクトを立ち上げる。 2023年ThinkPunksを創業し、代表取締役に就任。
詳細ページへ

新着インタビュー記事